暁月 diary~徒然KinKi☆

KinKi Kidsのふたり好きがKinKi Kidsについてあれこれ文字数関係なく語りたいブログです。光一さんと剛くんのソロ活動も丸ごと応援☆

SONGS 堂本光一×井上芳雄~スピンオフ~ 感想☆

SONGS~!!スピンオフーー!!!

ひゃー光一さんかわいい…!かわいい…!!美しい!!
と、番組開始早々、安定の堂本光一ビジュアルトラップにずっぶずぶにはまる(笑)

このラフな格好の光一さん、最高ですねぇぇ!!
パーマヘアな井上くんと。サラサラヘアな光一さんですねw

SHOCKジャージの、赤×黒が似合いすぎて。ザ・堂本光一感ある。とかバカな感想しか脳内を巡らない、開始1分(笑)そしてだいぶ経ってから、あっ、これナイツテイルの特集だった!と思い至りましたが。堂々とSHOCKジャージ着てコメント録りしてる光一さんさすがw
もうSHOCKのお稽古に入ってる中でのコメント録りですね(^^)
井上くんも次の作品中だか入る前だかだと思いますが、私服かな!?光一さんはSHOCKジャージで出勤(笑)してそうだから稽古場にこれしか服がなくても驚かないw

というか、SHOCKジャージ、ジッパーのところにSHOCKロゴのモチーフも付いているのですね。かわいいな!
このSHOCKジャージのレプリカ版とかを、SHOCKの物販で売ってくれないかな~~いつか売ってくれないかな~~!!
…とまぁ、SHOCKのことは置いといて(笑)

ナイツテイル座長コンビの録り下ろしコメント、本放送を見ての「これだけかよぉ~!w」「あまりにも短い!あんなに追っかけてたのに!」に、そうだよねーー!!としか言えない(笑)
あんなシーンもこんなシーンもいっぱいカメラ回してたはずのSONGSさん、その未公開映像出して!と、本放送の時に多くの視聴者が叫んだと思いますが、二人にも思われてたかw

結論として、この有難いスピンオフを見終わった後にも

まだまだあるでしょ!???もっと見たい!!!

と思いました。ということを、先に言っておきたい(笑!!)欲しがりですみませんw

で。放送されなかったシーンのまとめフリップまで用意しているSONGSさんナイス。わかりやすいw
ただ放送されなかったシーンではなくて「まったく放送されなかったシーン」と書かれてるの笑う!まさかの完全カットだった(笑)

使われなかったシーンを読み上げて「おいっ!」と言いながらニコニコ笑ってる光一さんの笑顔がとにかく可愛すぎて、その可愛さに目を奪われてたらフリップ全然見てなかった私。何が放送されなかったのか巻き戻して確認するという、いつものパターンw
いい加減、光一さんが可愛くて美人さんなのはわかってるのだからそろそろ見慣れてもいいのではないかと思うのに、全然見慣れないし見飽きない上、見るたびにハッとするから光一さんすごいよね。と、真顔でそんなことをおもってます(笑)

そんなこんなで、ナイツテイル製作ドキュメントスピンオフ~☆

そ、それにしても、光一さんのスッピン…綺麗だなぁぁ!と、ほんとすぐ顔面のことを言って申し訳ない気持ちになるけれど、どの角度から見てもずっと綺麗な人が画面に映ってるのだから、綺麗だなぁ!と思うのは致し方あるまい…(開き直る/笑)

発声練習からの、歌唱練習風景も放送していただけて嬉しい!
『堂本が一人で歌ってみることに』って、みんなそろっての初めての歌唱練習で、一人で歌わされるってちょっとドキドキしちゃう!と、関係ない視聴者がドキドキ(笑)

途中に挟まれた大泉さんのコメントで「光一さんのいっぱいいっぱいな感じとか分かるな」と言われていますが。覚えなきゃいけないことがたくさんあると、インタビューで本人が素直に言ってたり。井上くんのコメントでも「やだなぁ。できるかなぁ」とか素直に口に出す光一くんが好ましくも可愛くもあると言われてますけども(笑)

単にそう口に出すことを厭わないというだけで、果たしてこの時の光一さんが本当にいっぱいいっぱいだったかというと、実際はそうでもないと思うんですよ…ね。なんとなく。

稽古風景の様子を見ても、舞台上の動きの製作過程で井上くんがちょっと考える素振りを見せている様子を、その後ろに映ってた光一さんがしっかり見てて。すごく周りをよく見てるなぁと思いましたし。分かりにくいところ、引っ掛かるところはそのままにせずに、ここが難しいと声を上げて伝えている姿は、「いっぱいいっぱい」とはちょっと違うと思うなぁなんて思えました。いっぱいいっぱいな人は、何も言えずもっと黙々と真顔で過ごしてると思うの(笑)

「あーいうとき、インタビューすごくめんどくさいと思う」な大泉さんのコメントは、ほんと、確かに!w
とられる側からしたら、稽古中にカメラで録られてるだけで鬱陶しそう…(笑)でも、いつでもどこでもカメラ向けられたり、密着されたり、コメント求められるのは光一さんは恐らくとっくに慣れっこだと思うので。井上くんの方がもしかしたら若干カメラ邪魔だったのではw

演出についての二人の率直な考え方が述べられているインタビューも興味深かった!
「ここで何を言いたいですか?と言われても、えっ僕役者なんで分かりませんとなる」と語る井上くんの言葉に、そうなのかぁ~という顔して「ん~~」と言ってる隣の演出脳な光一さんとかw
与えられたものをどう表現するかを考える、ザ・役者!な井上くんと。
そもそもどういったものを創り上げたいかを考える、ザ・演出家!な光一さんの、思考回路の違い。

「宿敵がまたとない友」の振付け模様とかは、その特性が如実に出ていて、SONGSさんの編集面白いなと!
アイディアを出して欲しいと言う振付師さんの言葉に、即座に色々なアイディアを出してる光一さんは「とりあえず何でも提案してみる」スタンスが根付いてるし、 “こう思うから、こうするのはどうだろう” と、その表現で訴えたいことの意味付けから述べていて、普段のものづくりの過程が窺えるなと。
元来の特性もあるでしょうけども、若いころからKinKi Kidsとしてコンサートのステージングなどを自分たちで作り上げてきたことなども、スタートからして自然にゼロベースから物事を創り上げる脳を鍛えられてそうというか。そうならざるを得ない環境に、そもそもあったというか(笑)

堂本光一として、『堂本光一』を演出する」ということを長年行ってきているため、光一さんはある意味演出のプロだと思う次第。演者であると同時に演出家だった人が舞台の道を選び、その性質をより深めることになったのかなと思いますね。

そしてそして、インタビューやら密着映像に見入っていたら「宿敵がまたとない友」が流れて、そうだった~!SONGSは音楽番組~!!って思い出しました(笑)何度見ても素敵☆

「囚人の歌」が難しかったと改めて語るお二人ですが、みんなにあのシーンが「かわいかった」と言われていたの知ってるくらいには、反響で「かわいいかわいい」と言われていたのだな(笑)
ほんと…あのシーンで手錠をガッシャンガッシャンやって歌う二人、可愛かったよねぇぇ!www

で。ビジュアル撮影!
び、び、美人さんがいるーー!!!

「本番もこれくらい髪(の長さ)あった方がいいかなぁー。………と、思ってる。ふふ」

な光一さん。似合ってるとスタイリストさんに言われながら、「このくらいにしたいなって(思ってる)」と、自分で長くした方がこの舞台に映えるかも、と演出脳働いてそうな姿ににっこりw
そして、分厚く重そうな衣装を着こみながら、なんで光一さんはこんなにウエスト細いのだろうか…(笑)


初日2週間前でまだ完成していないダンスシーンとかもビックリでしたが。本当にSONGSさんかなり定期的に要所要所押さえて密着していたのだなと感服!
完成していないダンスシーン4小節を作っている演者のみなさんの様子、リアリティあって素敵なメイキング映像!
「こっち二人が長いことやってるから、ここの二人がツーエイトくらいないと」と、やはり光一さんが率先してさらっとバランスを踏まえた方向性を提案していますが。
「俺が~踊ってるよ♪ふーたりで踊ってます♪ふーたりで踊ってるよ♪」ってメロディーで説明してるのかわいいwww

特に時間がかかったのがリフトとのことで。
音月さんもかわいいなぁ(*´▽`*)音月さんの方が、宝塚時代にリフトする側として手馴れているのでは!?と思いましたが。そんなことおくびにも出さず(笑)かわいらしく光一さんにリフトされる練習してるのほんとかわいい☆
そしてこうして改めて見ると、身長同じくらいで光一さんの髪も長いので、女子二人がキャッキャしてるように見える…(笑!!)

そんなこんなのSONGSスピンオフ、充実の内容で見ごたえありまくりだった~♪
苦しみは半分になり、喜びは倍になる、結婚しそうなナイツテイルコンビの笑顔も素敵な30分。
やっぱりまだまだ足りない…もっと…もっと見せて…っww

再演が決まったら、またSONGSさんで特集してもらえるかな!?と、前のめり気味に舌なめずりしてます(笑)

 


あと全っ然関係ないですが、ここ数日のアクセス数が連日異常なことになってることに気づきまして…1日1万アクセスとかでビビっておりまして…。何もないヨ…ただの超個人的感想しかないブログですよ……基本かわいいかわいいとしか言ってないブログです…よ…と、小声でお断りを…入れておきたい…。
どこにリンク貼られたのかな…(´;ω;`)