暁月 diary~徒然KinKi☆

KinKi Kidsのふたり好きがKinKi Kidsについてあれこれ文字数関係なく語りたいブログです。光一さんと剛くんのソロ活動も丸ごと応援☆

「日経エンタテインメント!」(2019年7月号)のエンタテイナーの条件☆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日経エンタテインメント! 2019年 07月号 [雑誌]
価格:720円(税込、送料無料) (2019/6/5時点)

楽天で購入

 

 

今月の光一さんの「エンタテイナーの条件」は、まさに旬な話題。トニー賞関連のお仕事でNYへ行ったことについて。
芳雄くんと二人でのNY旅放送番組の中では、あまり踏み込んだ発言がなかった光一さんだけに。こうしてたっぷりじっくり語ってもらえる場所があるというのはとても嬉しいことだな!!と改めて思うのでした(*´▽`*)

というか、冒頭から「ちなみに芳雄くんとは往復の飛行機も一緒(笑)」と、聞いてないのに報告してくる光一さんな(笑)
なんとなく、そうだと思ってたわ( *´艸`)
「席は別々でしたけど」って、そりゃそうでしょうとも~www

え。もしかしてほんとは席も隣が良かったとかですか?別々でザンネンとか思ってますか!?
もし「芳雄くんの隣が良かったなぁ…」とか呟いてたら、スタッフさんが隣の席にしてくれてたような気もしますが。芳雄くん迷惑かな…。とか、光一さんあるあるな謎の気にしいを発動してそうな気もしないでもない。
しかし、万が一隣の席だったとしても、光一さん即寝でしょ?w きっと顔隠すようにして即寝でしょ?フライト移動中はドリンクも食事もパスで睡眠デショ…?(さすがに国際線は飲食すると思いますがw)
で。隣の席に座りたいって言ったのにいきなり寝ちゃの!?何のために隣に!?しかも機内シートでもうつ伏せ寝…かわいい!って、芳雄くんに思われたりするルートしか見えないから、席は別々で無問題だったと思います( *´艸`)

……そんな戯言はともかく(笑)

ニューヨークでは空き時間はほぼなしだったとのことで。…お疲れ様です!
買い物にも観光にも興味ない光一さん、むしろみっちりスケジュール組んでもらって(しかも大好きな人と、大好きな観劇スケジュールw)むしろ良かったやつ…!?w

一週間近くも行っていた中で、6公演観劇+インタビュー取材となると、本当にほぼほぼぎっしりみっちりなスケジュールだったのですね。WOWOWさんもタダで二人をNYまで行かせないですよねwガッツリ働いてもらわないとネ☆ヒヒヒ
観劇→舞台裏見学&インタビューの繰り返しとか、充実感はんぱないな!

朝8時起きで活動とか、光一さん的にはメチャメチャ早起きですけども。規則正しい充実した一週間になったのでしょうかw
元々体内リズムがずれてるから時差ボケとかにも強そうなイメージ(勝手なイメージw)

そんな光一さんが観劇した作品の中で、一番面白かったのは「エイント・トゥー・プラウド」で。逆にあまりピンとこなかった作品が「キング・コング」と「スパイダーマン」。収穫だったのは「ハデスタウン」とのことで。

手放しに当たり障りなく全部褒めるとかでなく、こういう理由でここが琴線に触れたとか。個人的にこういう部分が合わなかったとか。しっかりと自分の解釈で説明している光一さんのそういうところ、好き(*´ω`*)

キングコングスパイダーマンは主役が歌わないとのことですが、ミュージカルというよりはストレートに近い舞台作品なのかな?
先日のWOWOWの番組を見た限りだと、ものすごいインパクト&明らかに高い制作費がうかがえたので、チケ代も相当高いのかな…いくらなんだろうと下世話なことを思っていたのですがw
調べてみたらキングコングのチケットは座席により5000円~19000円くらい…なのかな?
ほんとかな…ブロードウェイの最新舞台としては安すぎるよね…。別途施設費がかかるとかかしら??

ブロードウェイでやるならあくまでも人が表現する部分が求められるのかもしれないけれど、ラスベガスでやるなら最新鋭技術で機械動作にしてもうけるかもしれないと語る光一さん。ナルホド。
ちなみに、日本でやるならそもそもこの系統の演目は難しいだろうなと私は思いましたが、さてはて、どうだろう?

それにしてもブロードウェイは偏にミュージカルだステージだといってもその作品の幅が本当に広いですねぇ。色々な作品を見て刺激を受けて、その中で自分の好みが改めて浮き彫りになったりする経験、素敵だなと思います(*´▽`*)

そしてそして、「ハデスタウン」の主演のエバ・ノブルザダさんのことは「ミス・サイゴン」に出演していた頃から好きだったと語る光一さんですが。
光一さん、安定のサイゴン好きだなぁぁ(*´ω`*)
好きな演目は?と訊いて、「ミス・サイゴン」を真っ先に挙げてた光一さん。
SHOCK演ってる人が、サイゴン好きという、このなんともいえない感…イイ(笑)

サイゴンといえば、2020年5・6月帝劇で上演が決まってますよね。市村さんですし、光一さん120%絶対観にいくに違いないやつぅ!(*´ω`*)

王道ミュージカルといえば、光一さん的には「ウエストサイドストーリー」とかはどうなのだろうか。関係ないけど、光一さんの「LOVE CRIES」聴くと、 Tonight~ Tonight♪ 言ってるからウエストサイドストーリーが思い浮かんで仕方ないデス(笑)
私は昔舞台やってたときにウエストサイドストーリーをやったことがあるのですが、個人的に苦手だったゼ…☆(笑!!)べ、べつにダンスがキツかったとか…そんなんじゃない…そんなんじゃない( ^ω^)・・・


で。今月のメインお写真…!!

「髪の毛無造作ゆるふわアレンジ+鎖骨+裸足!!」

という、魅惑の悩殺スタイルきたー!!(*´∀`)
えーと、2019年2月号の写真と同じときの撮影ですね!4月号の写真もそうだったかな!
エンタテイナーの条件の写真のランダム掲載具合の心にくさよw40歳になってほぼ丁度半年経った現在6月ですが。この光一さんは、39歳ですねっ(多分)
フェロモン撒き散らしてる40手前の光一さんですネw

そして小さく掲載されてるお写真群もいつも秀逸ですけども。左端の光一さんは、これ、欠伸してるの?(笑)……発声練習??いや、やっぱりあくび?w
スッピンジャージでストレッチしながら欠伸してるとこを激写されてたらそれもそれでかわいいww